皆様こんにちは(*^ω^*)

 

いつも題名に困ります。笑

なんかしっくりこないかーなんかないかなーて。

 

さて本日は真面目な日。笑

 

今、カーシェアとレンタカーの境界が薄れつつあるみたいです。

両方、法律上の明確な区分はなく、これまで車種数や貸し出し時間などでそれぞれの特徴を

保ってきたようです。

 

私はカーシェア自体あまり耳にしたことなかったかも。

 

近年はサービス内容や顧客が重なりつつあり、将来的に境界がなくなるのでは??との声も。

 

こちらも競争になりそうですね((((´Д`;;))

 

カーシェアは、レンタカーの貸し渡しの形態の一つのようですが、

 

特徴としては15分単位から利用でき、会員制とすることで無人で借り出すことができる。

買い物などの短時間利用から車内仮眠をとるなど使い方は多彩のようです。

 

レンタカーはよく聞きますよね!!店舗での対面引き渡しを基本としており、

車種数が豊富で長時間利用が多い。

 

大分ってカーシェアしてるところありますか??

私みたことないかも。知らないだけだと思いますが。笑

 

こんなサービスあったんだ!!てな感じで自分も驚き(笑)

 

 

レンタカーサービスを提供する会社は、

ユーザーはレンタカーかカーシェアかをあまり重視していない。

重要なのは、貸し出し場所の立地と費用だ。と指摘してるみたいです。

 

まぁでも私が借りるとしたらまさにこの通りですよね。

どちらでもこだわりはなく、いかに安くいい場所にあるかですよね。

 

 

だから、ある会社では一つのブランドとして最適な形でサービスと提供する、

 

と言うことでレンタカーをカーシェアの場所に運び無人で貸し出すサービス。

 

好きな車両を選べるレンタカーの特徴と、最寄のステーションで貸し出し・返却ができる

カーシェアの特徴を組み合わせたんです!!!

 

それまたすごいですよね~~

 

互いが互いのいいところを取り入れハードルを下げていく。

 

いやでもそうなるといいことだけど、もっと境界なくなりますよね??!!笑

え、いいのそれで??自分でわかんなくなりましたよ(笑)

 

 

ですが、レンタカーにしてもカーシェアにしても需要が大切です。

 

境界がなくなってしまうかもしれないですが、この業界は需要が飽和点に近づくにつれ

様々な付加価値や効率化が求められますね。

今後どうなっていくのか、、、、

 

私にはわかりません(笑)

 

色んな記事読むと、色々考えさせられますね。

レンタカー業界だけでなく私たちの業界でも言えることですね。

 

 

て!!真面目ぶってみた!!!笑

 

さて帰ろ~~~~!!!!☆

 

 

本日もお疲れ様でした(*^ω^*)☆

 

 

Fin.